トップページ > ニュース > ニュース&トピックス > NHK総合の東京スカイツリー特番 「東京スカイツリーの魅力すべて見せます!」にて放送された日本最大規模のプロジェクションマッピングに全面技術協力

ニュース

クリスティ・デジタル・システムズからの
ニュースをご覧いただけます。

NHK総合の東京スカイツリー特番 「東京スカイツリーの魅力すべて見せます!」にて放送された日本最大規模のプロジェクションマッピングに全面技術協力

aflo_MRVA_1205012_0282.jpg

aflo_MRVA_1205012_0669_0694.jpg

(c)クリスティ・デジタル・システムズ / Aflo

本日5月12日19:50~20:00 NHK BS プレミアムおよび総合テレビ「東京スカイツリーの魅力 すべて見せます!」にて生放送されたプロジェクションマッピングに、全面的に技術協力を行いました。 
プロジェクションマッピングとは、プロジェクターで建造物等に映像を投影する映像演出のひとつで、アミューズメントパークや大規模イベントなどで取り入れられているほか、近年海外では巨大ビルや歴史的な建造物への映像投影による演出や、イベント演出などに取り入れられています。 
NHK では、番組において東京スカイツリーの魅力を伝えるコンテンツとして、東京スカイツリーに隣接する「東京スカイツリー イーストタワー」の壁面に東京スカイツリーの画像などを用いた映像を投影しました。 

今回、20,000ルーメン規模の高輝度プロジェクター27 台が使用され、クリスティではプロジェクションマッピングの文化的価値を広く伝えることを目的に、技術者の派遣による映像出力調整や機材管理などの技術協力を行いました。 

日本国内で、20,000ルーメン規模のプロジェクターを 20 台以上使用した大規模なプロジェクションマッピングは初の試みとなります。 

----------------------------------------------------------------------------

■投影対象  東京スカイツリー イーストタワー (スカイツリー側壁面) 
 最高高さ 158.00m/建築高さ 148.00m/投影面積:4,500 平方メートル 
 住所:東京都墨田区押上一丁目 

■投影場所  東京スカイツリー ソラマチ 屋上 
 投影対象までの距離:約 70 メートル~最長約 130 メートル 

■映像制作  (株)NHK エンタープライズ(東京都渋谷区)/WOW(東京都渋谷区)

■使用プロジェクター (合計 27 台) 
 「Roadster HD18K」(光出力 18,000ANSI ルーメン)・・・15 台 
 「Roadster S+20K」(光出力 20,000ANSI ルーメン)・・・12 台 

 ※使用製品は販売終了モデルです。現在販売中の同規模製品は 
 「Roadster HD20K-J」および「Roadster S+22K-J」となります。
 
 ----------------------------------------------------------------------------

<クリスティのプロジェクターが活用されたプロジェクションマッピングの事例(一部)>

■国内事例
 2011 年 11 月 20 日 成蹊学園本館 「SEIKEI 3D PROJECTION MAPPING」 (成蹊大学学園祭) 
 使用プロジェクター:5台

■海外事例
2010 年  リヨンライトフェスティバル(フランス/リヨン)  
使用プロジェクター:Roadster S+20K(13 台)、Roadie 25K(4 台)、Roadie HD+30K(2 台)、Nitro Solutions



2011 年  Alfa Bank 4D (ロシア/モスクワ)
世界最大級のプロジェクションマッピング事例。高さ 200m、幅 300m の建物に投影。 
使用プロジェクター: Roadie HD+30K(15 台)、Roadster S+20K(66 台)


2011 年  Coca-Cola125 周年記念イルミネーション(アメリカ/アトランタ)
紗幕全体の解像度は幅 7000 ピクセル以上(7040×3800)。
使用プロジェクター:輝度 20,000ルーメンのプロジェクターを 45 台使用。 

----------------------------------------------------------------------------

 <クリスティのプロジェクターによるプロジェクションマッピングについて>

■高輝度プロジェクターで、スクリーン以外の投影対象にも高精細な映像表現を可能に
15,000~18,000ANSI ルーメン以上(一般的な会議室用プロジェクターは 2,000~3,000 ルーメン程度)の高輝度プロジェクターを使用することで、建造物などのスクリーン以外の投影対象に対して、制作側の意図する色表現や、解像度の高い映像表現を可能とします
 


■ゆがみ補正やブレンディング機能で、複雑な形状の建物への投影も可能に
 凹凸のある建造物などに対して、投影物に対するゆがみを補正する機能で、スクリーンに投影するようにフラットな映像・画像を投影することができます。これによって、わん曲したスタジアムの壁面や、凹凸のある建物、水面までをもキャンバスにして映像や画像を投影することができます。 
また、凹凸を活かした映像を制作することで、まるで建物が変形しているような、また内側から発光しているかのような演出をするなど、映像表現の幅を広げることができます。 

さらに、複数のプロジェクターを用いて広い面積の投影対象に投影する場合も、高度なカラーマッチング機能でつなぎ目のない映像・画像を投影することができます。 


■世界的なビッグイベントで使用されるクリスティのプロジェクター
こうした技術の応用によって、世界的なスポーツイベントやアミューズメントパーク、各種イベントにおけるプロジェクションマッピングに、クリスティのプロジェクターが活用されています。 
※具体的事例は上部に記載しております。

 ----------------------------------------------------------------------------

<半澤支社長のコメント>
 
今回このような大規模で、話題性のある場所でのプロジェクションマッピングに、プロユースのプロジェクターメーカーとして技術協力できたことを光栄に思います。 
 大がかりなスクリーンの設置の必要が無く、また建造物などの投影対象を傷めることなく大規模な映像表現が可能で、多くの人たちが投影対象を見ることで感動体験が共有できるプロジェクションマッピングは、単に番組コンテンツやイベント演出だけにとどまらない可能性を秘めた映像表現方法だと考えられます。 
 また、パソコン、スマートフォン、タブレットなど、一人一人が小さなデバイスで映像や画像を楽しめるようになった時代だからこそ、たくさんの人々と同じものを見て共通体験ができることは、大きな意味と価値があると考えられます。 
 クリスティはプロユースのプロジェクターメーカーのリーディングカンパニーとして、プロジェクターによる映像表現を通じた「感動体験の共有」に、今後も貢献していきたいと考えています。 
 プロジェクターは今回のような映像演出や映画などのエンターテインメント産業だけでなく、製造業や医療、学術研究など様々な分野で活用されています。今回の試みを通じて、多くの方々にプロジェクターが持つ映像表現の可能性を知っていただければ幸いです。 

 ----------------------------------------------------------------------------


 ----------------------------------------------------------------------------

  • ソーシャルブックマーク
  • はてなブックマーク
  • livedoorクリップブックマーク
  • Delicious ブックマーク
  • Buzzurlブックマーク

CHRISTIE -クリスティ・デジタル・システムズ-

クリスティ・デジタル・システムズについて 経営理念会社概要グループ構成これまでの歩みショールームのご案内
業務用プロジェクター製品
製品名・シリーズ名から探すジャンルから探すシーン・用途から探す
解像度から探す明るさから探す
実績・導入事例 導入事例実績紹介

ニュース一覧メディア掲載情報ダウンロードサポートプライバシーポリシーサイトポリシー奴隷と人身売買の防止に関する声明サイトマップお問い合わせ